アジュバンのシャンプー「リ(Re:)」シリーズを成分解析してみよう

スポンサーリンク

ちょっくら市販のシャンプーにも手を出して成分解析してみましょう。

今回はアジュバンの「リ(Re:)」シリーズです。何だか独特な名前ですね。

んでは早速いってみます!

Re:

Re:シリーズは「Re:クール」とか「Re:エミサリー」などいくつか種類があって、最もスタンダードなものがコレ。

「傷んだ髪をケアしながらやさしく洗い上げ、ヘアスタイルの美しさをキープ」というコピーで、ダメージヘア・ノーマルヘア向けとなっています。

成分解析

出典:https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%90%E3%83%B3-ADJUVANT-RE-%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%BC-300ml/dp/B0093GJOLS

洗浄成分は洗浄力マイルドで低刺激なコカミドプロピルベタインをメインにし、泡立ちと洗浄力高めなスルホコハク酸パレス-2Naで洗浄力を補った形。

後に続くラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸K、ココイルメチルタウリンNaなども刺激が少なく、洗浄成分は低刺激で髪や頭皮に優しい構成となっています。

気になるのが補修成分の有無。

私も全ての成分を把握している訳ではないので分からなければ調べるようにしていますが、補修成分らしきものは配合されていないように見受けられました。

ノーマルヘア向けならそれでも構いませんが、ダメージヘア向けとも記載されているのでどうなのかな~というのが正直な感想です。

Re:エミサリー

頭皮ケア・ボリュームアップ用で、コピーは「頭皮をやさしくいたわりながら、汚れをしっかりオフ。」

成分解析

出典:https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%90%E3%83%B3-ADJUVANT-%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%90%E3%83%B3RE-%E3%82%A8%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%BC-300ml/dp/B0087M4YIM

成分多いな!当たり前ですが種類が多ければ良いというものでもありません。

洗浄成分はラウレス-4酢酸Naが一番多く、次いでベーシックと同じくコカミドプロピルベタイン、スルホコハク酸パレス-2Naと続きます。

となるとラウレス-4酢酸Naが何者なのか気になるところですね。

よく似た成分で避けるべきとされる成分にラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naがありますが、ラウレス-4酢酸Naはこれらの成分より刺激が低く安全とされています。

ただし洗浄力は高めなので、コレが一番に配合されているということは洗浄力の高いシャンプーと言えます。

頭皮をやさしくいたわるかと聞かれると微妙なところで、オイリーな頭皮の方がフィットする可能性の高そうなシャンプーですね。

Re:プラチナム

ハイダメージヘア・ボリュームダウン向けのシャンプーで、「ヘアカラー・パーマ後のダメージをしっかりケアしながら、しっとりとした洗い上がり」。

保湿成分と補修成分に注目です。

成分解析

出典:https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%90%E3%83%B3-ADJUVANT-%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%90%E3%83%B3RE-%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%81%E3%83%8A%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%BC-300%EF%BD%8D%EF%BD%8C/dp/B0087M52K6

あんたも種類多いな!

洗浄成分はコカミドプロピルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウレス-4酢酸Naと、洗浄力低めのものが配合量多く、洗浄力高めのものが配合量少なくなっていてバランスは良さそうです。

保湿成分のBG・グリセリン・ペンチレングリコールと続き、補修成分のジラウロイルグルタミン酸リシンNa。

まさに「ヘアカラー・パーマ後のダメージをしっかりケアしながら、しっとりとした洗い上がり」な構成。

特にジラウロイルグルタミン酸リシンNaが配合されたシャンプーは個人的にポイント高く、ダメージヘアに悩んでいる方は試す価値があると思います。

その代わり、他のシャンプーよりお値段は高いですよ!

Re:クール

ダメージヘア・ドライヘア用で、「紫外線などによる髪の傷みをケアし、頭皮スッキリ。爽快な洗い上がり」。

成分解析

出典:https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%90%E3%83%B3-ADJUVANT-RE-%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%BC-300ml/dp/B0093GJREW

ベーシックとほとんど同じ成分で、こちらにはハッカ油とメントールが配合されています。

スーッと爽快感を得られるタイプのベーシックシャンプーと言えますね。

感想はベーシックと同じで、ダメージヘアの人におすすめできるかと言われると微妙です。

Re:ナチュラル

ラストはこちら、Re:ナチュラル。

「スキンからヘアまで対応の全身シャンプー。さっぱりマイルドな洗い上がり」で、敏感肌用。

成分解析

出典:https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%90%E3%83%B3-ADJUVANT-Re-%E3%83%8A%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%BC-300ml/dp/B0052QKZ2A

洗浄成分は配合量の多い順にラウレス-4酢酸Na、スルホコハク酸パレス-2Na・・・先生!マイルドな洗浄力とは思えません!

無着色・無香料なのでアレルギーを持っていたり敏感肌の人は比較的安心して使えそうですが、普通にエタノールも入っているので敏感肌の人全てにおすすめできる訳ではありません。

と思いきや、サイトによっては成分にエタノールの表記が無かったりでよく分からない状態・・・。

エタノールが入ってないとすると、「洗浄力高めだけど刺激は高くなく、保湿成分がしっかり入ったシャンプー」という印象です。

まとめ

全体的に”まずまず”のシャンプーだと感じました。

ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naといった避けるべき成分は当然使われていないし、これらの成分を避ける目的で使われがちなオレフィンスルホン酸Naも配合されていません。

その点は利益至上主義のシャンプーではないと言えますね。

中でもコピーと最も合致していると思えたのがRe:プラチナムで、ダメージヘアの人には良さそうかなーと思いましたが執筆時点で4,500円とお値段が高いので、それをどう受け取るかですね。

一応、個人的なおすすめはRe:プラチナムです。

スポンサーリンク