【クラロワ】インフェルノドラゴンの使い方と対策を考える

スポンサーリンク

順次追加されるカード、メガガーゴイルに引き続き第2弾、インフェルノドラゴンのリリースが近づいて参りました。

そろそろインフェルノドラゴンが入りそうなデッキ・組み合わせと対策を考えてみましょう。

ステータス

ダメージの30-350とか75-875というのは、そう!インフェルノタワーと同じ表記ですね。

つまり時間に応じてジワジワとダメージ量が上がっていく、ユニットとしては初めてのタイプになります。

ちなみに射程4というのはベビードラゴンの3より長いものの、ほとんどの遠距離ユニットより短い数値。

インフェルノタワーと比較

ではインフェルノドラゴンとインフェルノタワー(レベル7)を比較してみましょう。

見ての通りダメージ量におよそ2倍の差がついています。

この表記だけで確実な事は言えませんが、時間ごとのダメージ上昇量もインフェルノタワーの半分程度な可能性が高いので、ホグライダーの処理なんかは苦手かな?と推測されます。

しかしタワーに到達した際に最大で毎秒875も与えるのであれば、上手くカウンターを決めて一撃で落とせるかもしれませんね。爽快(^ω^)

入りそうなデッキ・組み合わせ

インフェルノタワーの代わりと考えた場合、インフェルノドラゴンの有利な点は

  • 敵陣に攻め込むことが出来る
  • 地上ユニットを一方的に処理できる(スパーキーにも強い!)
  • 先出しでもロイジャイをターゲット出来る
  • コストが低い

あたりでしょうか。

反面、攻撃力は劣りますし対空を持たないユニットや施設狙いユニットのタゲを取ることができないのが凄く痛いので、防衛施設と共存させて鉄壁の守りからカウンター、というのが強い使い方な気がします。

防衛施設を入れない場合、ザップでダメージリセットされることを考えるとタワーの被弾は避けられないので、アタッカーとしても活躍させてダメージレースで勝利したいところ。

アタッカーとして見るならラヴァハウンドに追従させたり、フリーズで一気に削るのも面白いかもしれません。メガガーゴイルといい、最近の運営は空軍推しですね。

対策

インフェルノドラゴンを単体で防衛に召喚された場合、ホグ+ゴブとかホグ+ファイスピでジワジワ削る系デッキなら、ザップ撃っとけばあまり警戒せずともタワーに良いダメージを与えられそうです。あ、ロイジャイにも同じことが言えるか。

逆にジャイアントは不利なので射程を活かしてマスケット等でチュンチュン撃ち倒し、局面でアドバンテージを取り押し切る形になるのかな?ジャイアント倒された時点でアドバンテージ失うので厳しそうですが・・・。

カウンターで壁ユニットと共に攻め込んで来たら、慌てず「壁ユニットから処理しても問題ないのでは?」と思考を巡らせましょう。インフェルノドラゴンは雑兵処理に向いていないので、全力で壁ユニットから処理した方が良いケース、あると思います!!

まとめ

平たく言えば「インフェルノタワーのユニット版」ということで一見クッソ強そうですが、意外と使いどころ難しいんじゃなかろうか、と感じました。

防衛するにもタゲ取れないわザップでリセットされるわで弱点が多く、汎用性の高いユニットではありません。

私はボウラー大好きなので本当に勘弁して欲しいユニットではありますが・・・ハマれば強いのはどのユニットも同じなので、100人いたら100人が採用するようなアイスウィズ・プリンセスには遠く及ばないでしょう!

スポンサーリンク