【クラロワ】環境を支配するロリババの安定デッキ、ロリババディガポイ!

スポンサーリンク

どうも、私です。

少し前のバランス調整でロリババことローリングバーバリアンが強化されましたよね。

その結果、ロリババが環境を支配することとなりました。

本来ならローリングウッドと一長一短で、デッキによって使い分けるみたいなポジションが理想だと思うんですけど、明らかにロリババの方が見かける頻度が高くなっています。

それだけロリババが強いってことなので、今回はロリババを用いた使いやすいデッキをご紹介。

デッキレシピ

ファイスピ採用が珍しい、高回転デッキ。

グラチャレ12勝してるデッキを探してて「コレ面白そうだなー」と思って保存しといたら、実はメチャメチャ流行っていたという。

当時はライドラの枠がインドラで、良し悪しあるもののライドラの方が汎用性高めかな~と思います。

今は環境の変化も多少あってあまり流行っているように感じませんけど、普通に強いです。

ロイヤルゴーストの弱体化、スケバレと吹き矢の強化で、こんな派生デッキも生まれております。

でも私はファイスピロイヤルゴースト型の方が好き。

立ち回り

ディガポイの立ち回りと言えば、基本は厚く守ってディガー + ポイズンでの削り。

単体ユニットにはプリンス、複数ユニットにはロイヤルゴーストを当てることでカウンターの形が取れるので、そこにディガーを合わせるのが攻めの主な形となります。

ロイヤルゴーストとロリババの優秀さは、特に三銃士に対して光ります。二銃士側に出してあげればあっという間に完封。

一銃士側にユニット合わせてきたらプリンスとファイスピ or コウモリを足すことで余裕で守れるので、心置きなくエリポンにポイズンを撃てますね。

ライドラはどういう風に使うかというと、私はとりあえず後ろから出しといて、後からユニットを合流させることが多いです。

プリンスを合流させるのはデッキによってかなりイケる選択。

相手がプリンス受けの手段をスケルトンにしていた場合、スケルトンはライドラに一瞬で溶かされるため、プリンスがタワーに通りやすくなります。

相手がローリングウッドを使ったならファイスピも追加して、ディガーでも削りにいくと。

この試合は2.6ホグ相手のものですが、2.6ホグってなんだかんだ高回転でユニット回しながらしっかり防衛できるので、

こっちもディガー・ロイヤルゴースト・ファイスピ・コウモリなど高回転ユニットを投げまくってホグを出させないようにしましょう。(ライドラはペース握るために使うだけだった)

強力な陸ユニットにエリクサー割かせといて、ディガーのチクチク削りがダメージソースです。

デッキの弱点は空軍がコウモリとライドラしかおらず、対空能力を持つのもファイスピだけなので、空軍処理が難しいところ。

相手がライトニング型ラヴァバルならライドラ出すだけ無駄ですし、決死の覚悟でタワー捨てて1本折りに行くしかありません。

攻めの時にも相手の防衛ユニットを予測して、コウモリを足すのかファイスピを足すのか、それともポイズンを撃った方が良いのかなどなど、空軍処理を意識して戦うと良いかと思います。

まとめ

ロイヤルゴーストが弱体化されたこともあって人気が少なくなっちゃったのかな~と思います。

でも、ロイヤルゴーストはまだまだ強いですね。

無課金の人がマルチで使えるようなレアリティではありませんが、グラチャレには十分使っていけるのでオススメです(^ω^)

スポンサーリンク