【クラロワ】懐かしのコンビで攻撃をブッ刺すミニペロイホグ

スポンサーリンク

どうも、私です。

流行る流行ると言われながらそこまで流行の兆しを見せていない?ロイホグですが、私の中では密かなブームとなっております。

重量級も施設系も苦手なのでホグ・ディガポイ・ロイホグくらいしか使えるデッキが無いからなんですけど(^ω^)

という訳で今回は、ミニペロイホグのご紹介です。

デッキレシピ

一番コストが重いのがロイホグの5コストで、2コストが4枚採用された高回転ロイホグとなっています。

ユニットの中で特徴的なのがやはりゴブリンで、最近のテンプレデッキにはあまり見られないユニットですが、コイツが結構良い働きをするんです。

立ち回り

環境のスタンダードは4コスト + 2コストの呪文で、2コストの枠は主にザップかローリングウッド。

このデッキはザップ相手にはゴブリンが生き残り、ローリングウッド相手にはコウモリが生き残るので、そこにアイゴレでフタをするなどしてカウンターを仕掛けるのが基本戦術となります。

前に流行ったスケバレ入りの枯渇もそんな感じのコンセプトでしたよね。

ローリングウッドはロイホグに撃たれても厄介なので、プリンセスという撃ちどころも用意されています。

プリンセスにローリングウッドを割いてしまうと・・・

ロイホグ + ゴブリンというヤンキーすぎる攻めの餌食に・・・

なりませんでした。

陸受け万能でロイホグにも刺さるバルキリーが多い現環境、ロイホグデッキは若干おつらい状況にあると言えます。

しかし、バルキリー入りデッキにも立ち回れるのがこのデッキ!

バルキリーで一斉処理されるのが嫌なら、

セパレートしちゃえば良いんです。

相手もタイミング悪くアイゴレタゲる場所にプリンセス出しちゃって、この攻めを止める術はありません。

雑兵を固めてアイゴレでフタして、逆サイドにロイホグもパターンですね。カウンターの流れでお好みです。

ここまでぶっ放すと逆に相手のカウンターが怖いのは間違いありませんが、

その時のためのミニペッカ。

基本的にロイホグに当ててきたユニットは大概ミニペで処理できるはずで、

防衛力に乏しい構成の中で、重量級をカチ割る役目もミニペは持っています。

高回転なので2週目ミニペも可能。(しかしタワー折られそう)

ミニペが攻撃できないラヴァが来たらお察しですが、1 – 0では勝つことは捨てて、2 – 1どころか3 – 2まで見る覚悟で立ち回ればノーチャンスではありません。

相手の呪文がザップかローリングウッドなのかに合わせて立ち回るデッキなので、両方入ってる3スペジャイなんかは流石にGGか(^ω^;)

まとめ

ゴブリン + コウモリという懐かしのコンビが活躍するミニペロイホグでした。

相手の呪文を把握して、アイゴレでフタをするべきか否かっていう判断が難しいんですけど、上手く決まればドヤれるのがキモティー!!!

ネタじゃなくてグラチャレ12勝もできるので、おすすめでございます(^ω^) < 上手ければね

スポンサーリンク