【クラロワ】6月20日バランス調整はやない??

スポンサーリンク

どうも、私です。

6月20日にクラロワのバランス調整が来るようですね。

前回のバランス調整は・・・6月4日!?

たった2週間での再調整となるのは、クラロワリーグのレギュラーシーズンが終了したタイミングに合わせたかったからでしょうか。

とりあえず今回もツッコみます。

バランス調整内容

今回も微調整とデカい調整を織り交ぜています。

では1つ1つ見ていきましょう。

クローン/ヒール:効果半径3→4に拡大

矢の雨と同等の範囲になります。

クローンはゴーレムや巨大スケルトンなど、ヒールは三銃士デッキに採用されるカードで、この調整によって他のデッキに食い込んでくることはないでしょう。

ユニットがモリモリ溜まる協力バトルだと使いやすさが分かりやすいかもしれません。

ガーゴイル/ガーゴイルの群れ:各ガーゴイルの間に0.15秒の配置時間

バランス調整って大体使ってみないと分からんもんですが、コレは本当に分からん。

ステータス画面で見れる”配置時間”は「ユニットが召喚されてから動き出すまでの時間」なので、それが1匹ごとに0.15秒ずつ遅くなるのであれば、防衛力が下がりますね。

相手の対空ユニットにぶつけた時に負けやすくなるでしょうし、召喚を見てから呪文を撃っても間に合うようになります。

ガゴ群れへの影響は顕著ですが、防衛用にガゴ群れ採用するデッキはあんまり無いので採用率は大して変わらないかも・・・?

ローリングバーバリアン:範囲ダメージ17%増加、バーバリアンの出現場所可視化

アーチャーを倒せるようになりました。

ところが環境にアーチャーは多くおらず、メジャーどころだとクロスボウに採用されるくらい。

ノックバック性能もタワーに攻撃が届かないのも相変わらずなので、まだ使いどころが難しいカードだと思います。

メガナイト:ジャンプの最短距離4→3.5に短縮

ユーノと同じ距離で、近くの敵にジャンプしやすくなりました。

上方修正と言えますが、性能が大きく変わるわけではありません。

攻撃速度が遅いので、ユーノみたいにシュインシュイン動けるわけではないですしね。

攻城バーバリアン/プリンス/ダークプリンス:突撃距離3.5に統一

攻城バーバリアンは4→3.5、プリプリは2.5→3.5に。

プリプリの調整に攻城バーバリアンが巻き込まれた形。攻城バーバリアンは上方修正ですけど。

突進に入るまでが遅くなるのでユニットで受けやすいのと、今までタワーにギリギリ届いていた突進攻撃が届かなくなる可能性があります。

個人的には突進ダメージを下げて欲しいですね・・・(^ω^)

鏡:バトル開始時の手札に入らなくなる

初手事故が起きにくくなります。

「相対的にエリポンが初手に来やすくなる!」という論調を見かけますが、じゃあエリポンミラー入りデッキがありますかって考えると、現状では巨大スケルトン、ゴーレム、三銃士でしょうか。

初手エリポンの確率が上がるより、オーブン型ミラーデッキ(エリポン無し)の初手事故が減る恩恵の方が大きい気がします。

まとめ

プリプリの調整が一番大きい模様。2.5→3.5なので体感できるレベルで違うはずです。

スケルトンなどで受けたとしても、次ユニットの召喚タイミングや位置によって再び突進食らうってことが多々あったので、それが少しでも減るのは良いですね。

というより、召喚までタイムラグがあるゲームシステムなのに突進距離2.5ってのがおかしかったんです。でも採用率は依然高いままでしょう。

他はガーゴイルがどうなるかに注目ですけど、今後は毎月第1月曜日にバランス調整が入るそうなので、この環境ってホント僅かな期間ですね・・・(^ω^)

スポンサーリンク