【クラロワ】吹き矢ゴブリンの使い方と対策を考える

スポンサーリンク

今回アップデートで追加される4枚のカード、第1弾は「吹き矢ゴブリン」。

新たなゴブリンカードですが、性能はどんなもんかチェックしていきましょう!

ステータス

他ゴブリンと同じく移動速度が”とてもはやい”特性を持ち、後衛のくせに普通のゴブリンよりヒットポイントが高いユニット。(ゴブリンのHPは169)

単体で現れるユニットなので、この様な性能になっていると思われます。

単体攻撃の遠距離兵ということは・・・特徴の近いマスケット銃士と比較してみましょう。

吹き矢ゴブリンのほうがコスト、移動速度、攻撃速度、射程で有利に立っています。

攻撃速度が速いので、意外に毎秒ダメージも良い勝負してますね。

攻撃性能とヒットポイント

吹き矢ゴブリンがユニットを倒すのにどれだけ攻撃しなければならないのか?

そしてどの攻撃なら耐えれるのか?

(私が)気になるものだけまとめます。

▼攻撃性能▼

カード 攻撃回数
スケルトン 1
ファイアスピリット 1
槍ゴブリン 2
ゴブリン 2
ガーゴイル 3

▼ヒットポイント▼

カード 何回攻撃されると倒れるか
タワー 3
ザップ 2
ローリングウッド 1
矢の雨 1
ナイト 2
ボンバー 1
プリンセス 2
ガーゴイル 3
ベビードラゴン 2
マスケット銃士 2
ボウラー 1

パッと見た感じ、雑兵に対してアドを取れるようなカードではなさそうですね。

使い方

マスケット銃士かアーチャーで良いんじゃない?っていうのが第一印象で、タンクの後ろに追従させてもローリングウッドや矢の雨で撃沈してしまうためあまり信頼できません。

  • 移動速度が”とてもはやい”
  • 射程が長い
  • ザップに耐える

という特徴を活かすなら、ディガーやホグライダーなどとセットで突っ込ませるとか、ちまちまタワーを削る役割が良さそうですね。

射程が長く毎秒ダメージはマスケット銃士にやや劣るくらいなので、特にゆっくり攻めてくるユニットに対して防衛力が期待でき、更にスケルトンラッシュに刺さりそうな点がこのカードの価値を高めています。

それから、長射程で防衛施設に一方的に攻撃できるのも特徴ですが、どうせ一緒に攻め込んだ前衛ユニットがタゲられるのでどうなのかなー?って感じですね。

対策

単体で攻めてくることもないでしょうが、タイマン挑むとまずいのはスケルトンとファイアスピリットくらいで、他にいくらでも防ぎようがあります。

注意点は、ガーゴイルの群れに対する回答を他に持ってないのに矢の雨で処理しない!くらいでしょうか。

まとめ

私です

槍ゴブリンともマスケット銃士とも違った使用感になるであろう吹き矢ゴブリン。

「またローリングウッドの餌食になるユニットか・・・」と何ともやるせない気持ちになりますね。

ザップに耐えられてもローリングウッドに耐えられなきゃ意味がないんだよ!!と私の心が叫んでおります。

高回転デッキの一員として使い道はありそうなので、工夫して使いましょう。

ちなみに、あんまり流行りはしないと予想します(^ω^;)

スポンサーリンク