イイスタンダード シャンプーの成分解析と口コミ評価をチェック

スポンサーリンク

今回はイイスタンダード シャンプーの成分解析と口コミをチェックしていきます。

イイスタンダード シャンプーは1種類しかないので、(文字数稼ぎも含めて)どんなシャンプーか?ということも紹介していきましょうか。

イイスタンダード シャンプー

特徴その1 日田天領水を使用

シャンプーは大半が”水”で構成される訳ですが、イイスタンダード シャンプーには日田天領水という水が使われています。

日田天領水には活性水素が多く含まれており、「デトックス効果」「体質改善」「便秘改善」「肌トラブル改善」などが見込めるそうです。今流行のいわゆる水素水ですね。

ただこれは日田天領水を飲んだ場合に期待できる作用のはずで、すぐに洗い流すシャンプーにはあんまり関係無さそうだなーと個人的には思います。

ちなみに500mlのペットボトルが1本当たり150円くらいのお値段。(執筆時点)

特徴その2 95%以上が美容成分

配合成分の95%以上が美容成分ならそれはもはやシャンプーじゃない訳ですが、どうやら洗浄成分を除いた95%以上が美容成分みたいです。

そもそも美容成分って何?と考えだしたらキリがないので、「へぇ~そうなんだ」くらいに留めておきましょう。

シャンプーの役割のメインは汚れを落として頭皮環境を整えることですから。

特徴その3 天然由来のエッセンシャルオイル

グレープフルーツ果皮油など柑橘系・フローラル系のエッセンシャルオイルを配合。

香りに関わってくる部分なので、口コミに注目ですね。

特徴その4 8種類の洗浄成分をブレンド

洗浄成分は多ければ良いという訳でもありませんし、8種類だと特別多くもありません。

ヤシ油系・アミノ酸系をベースにしているとのことですが、成分解析が楽しみです。

口コミ

香りに関する口コミを中心にチェックしてみましょう。

口コミ
  • 上品で癒される香り
  • 香りも泡立ちも良い
  • リラックスできて良い香り
  • 好き嫌いが分かれるかもしれないけど、自分は上品で好み
  • とにかく香りが最高
  • 柑橘系の香りで好みが分かれるかも
  • ビターな柑橘系でアロマっぽい香り

基本的に良い意見が多いですが、好き嫌いが分かれそうという声も多少ありました。

ちょっと苦みを感じる柑橘系って、エッセンシャルオイルならではの香りなんでしょうかね?ちょっとアロマは専門外なので分からんとです。

あ、ちなみに香り以外では泡立ち、すっきり洗える、仕上がりがパサつかない、など評価されています。

成分解析

出典:https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A4%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%89-E-STANDARD-%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%BC-250ml/dp/B00CPXSWC8

ポリクオタニウム-10を除いた上位8成分が「8種類の洗浄成分」に該当します。

注目はメイン洗浄成分のオレフィン(C14-16)スルホン酸Na

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naは、ラウリル硫酸Na・ラウレス硫酸Naと同じくらい洗浄力が高いのに「ラウリル・ラウレス硫酸Na不使用!」と銘打てることから採用されるケースがあり、あまり上質な成分とは言えません。

他の洗浄成分は問題ないので、オレフィン(C14-16)スルホン酸Naだけが惜しい感じですね。

洗浄成分以外に目を向けるとクレアチンやサクシニルアテロコラーゲンなど保湿効果のある成分が多く、加水分解ケラチンやヘマチンで補修効果も期待できて、あると嬉しい機能が一通り揃っています。

まとめ

洗浄成分が凄く惜しかったな~という印象がありますが、サイトには「8種類の洗浄成分を絶妙なバランスでブレンドしている」という文言があったので、上手に調整して洗浄力のバランスを整えている、と好意的な見方もできます。

この辺は配合量が分からないので確定的なことは言えませんが、口コミに「すっきり洗える」という声があるように洗浄力は高めと予想できるので、やっぱりオイリー頭皮向けと考えた方が良さそうです。

価格もちょっと高めなので、その意味でも惜しかったですね!

スポンサーリンク