【人狼ゲーム】役職ごとの立ち回り・コツ 「人狼」編

スポンサーリンク

どうもどうも、私です。

初心者向けに人狼のコツを紹介するコーナー、今回は人狼編です。

人狼ゲームにおけるキーマンであり、ゲームを成立させるのに重要なポジションとなります。

それでは、いってみましょー!

人狼の立ち回り・コツ

プレイ人数によって人狼の人数も異なり、人狼の人数によってコツも若干異なってきます。

その辺りも触れていければ良いですが・・・なるべく複雑にならないよう頑張ります。

村人に紛れる

人狼は処刑されないために生き残らねばならず、生き残るには他プレイヤーに”村人”だと思ってもらわねばなりません。

その為に、村人編でも書きましたが積極的に発言しましょう。

  • 人狼は喋るとボロが出るから黙っている
  • 喋らない人間は情報を出さないから不要

この2点から発言の少ない人間は処刑されやすく、人狼としては絶対に避けなければなりません。

推理(のフリ)をして積極的に発言し、村人の中に紛れ込みましょう。

役職騙りを視野にいれる

プレイヤーに狂人がいれば全人狼が潜伏するのもアリですが、そうでなければ人狼が役職を騙ることの方が多いです。その方が面白いから。

その際、例えば初日占いアリの場合、Aさんのことを散々怪しむ発言をした後で「私は占い師です。初日の占い先はAさんで、Aさんは村人でした!」などと言おうものなら自分が偽物だと宣言しているも同然です。

そんなツッコミどころ満載の占い師にならないよう、あらかじめ占い結果をシミュレートして「(Aさんは村人、Aさんは村人・・・)」と自分に暗示をかけておきましょう。

もしテンパった場合、仲間の人狼に対して「占い結果が村人だった」と言えばとりあえずセーフです。(流石に味方の人狼をボロカスに疑うことはしないだろうから)

投票は将来の参考になる

人数がそれなりに多い村で日数が経過すると「初日に処刑されたAさんは人狼の確率が極めて高い。よってAさんに投票していない人が疑わしい」というお話になることがあります。

Aさんが本当に人狼だった場合、人狼は仲間に投票しないのがセオリーですから、投票していない自分は当然疑いの対象に入ります。

ここで疑いを晴らすにはAさんに投票しなかった理由をしっかり主張しなければなりません。

間違っても「怪しい人がいなかったから適当にいれますた。」なんて言わないよう、毎日の投票にしっかり理由付けをしておきましょう。

テクニックの一つとして、上記セオリーを逆手に取り、あえて人狼が人狼に投票する”身内切り”というものがありますが、それで人狼が処刑されては元も子もありませんのでほどほどに。

まとめ

人狼(狂人)を引いた時に絶対に心得ておいて欲しいのは、役職騙りはそうそうバレないということ。

バレるとすれば、「バレたらどうしよう・・・」という気持ちを見透かされた時くらいです。

仮に超偽物くさいと思われても、偽物だと断定できなければコッチのもの。

「自分を処刑するなら明日必ず対抗の占い師(霊媒師)を処刑してくれよな!?な!?!?」とアピールして五分の勝負に持ち込みましょう。

人狼を引くと初心者に限らず心臓が爆発しそうで大変ですが、人狼ゲームは「人狼を引いて失敗することで上手くなる」と言われています。

人狼を引いた際は役職騙りを含めてどんどんトライしていきましょう!(^ω^)

スポンサーリンク