バレンタインデーにチョコ以外を義理で渡すなら・・・

スポンサーリンク

バレンタインと言えば「女性が男性にチョコレートを贈るもの」とされていましたが最近ではそれが崩れつつあり、チョコレートに限らず様々なものが贈られています。

今回はバレンタインの義理チョコの代わりに贈るものとして、何を贈ると喜ばれるのか?をチェックしていきましょう!

何故バレンタインにチョコ以外なのか?

そもそも、何故バレンタインにチョコレートを贈るのでしょうか?

これは日本独自の習慣であり、欧米ではそのようなことはありません。

一般的に思われているのは「チョコレートメーカーの戦略で、売り上げをアップさせるためにバレンタインといえばチョコレート!と強く認識させている」というメーカーの陰謀説が強いですよね。

しかし、Wikiによると実際は「デパートが頑張ってバレンタインデーを定着させようとしたけどなかなか上手くいかず、1970年代に小中高生がバレンタインにチョコレートを贈るようになったことから広まった」そうで、小中高生が主導的に広めたものにチョコレートメーカーは乗っかって恩恵を受けた形のようです。

つまりバレンタインデーの贈り物としてチョコレートでなければならない理由はなく、何を贈っても構わないんです。

男性でチョコレートが嫌いな人もいるでしょうし、そうでなくてもチョコレートばかり貰ってしまっては困ってしまいます。

そんな中でちょっと違ったものを貰うと「おっ!」と気に留まるので、ホワイトデーのお返しに大いに期待できるでしょう(ゲス顔)

何を贈るべきか?

さて、肝心の何を贈るか?というお話ですが、私としてはクッキーを推します。

  • 手作りの場合は一度に多く作れ、お店で買う場合はきっと適した量のものがある
  • あまり好き嫌いが別れない
  • 特別な意味だと勘違いされない(と思う)

の3点が主な理由。クッキーじゃなくてキャンディとかでも当てはまりそうですね(^ω^;)

でも、実はクッキーには「友達でいよう」という意味が込められているんだそうです。

大して意味もなくチョコレートが広まったのに、クッキーには意味が込められているなんて都合の良い話ですが”義理”なんですから「友達でいよう」はピッタリですね。

バレンタインデーの贈り物に対する意味はあまり日本で知られておらず、むしろホワイトデーのお返しの意味の方が重要視される傾向にあります

クッキーの作り方

私がここでクッキーの作り方を解説するまでもありません。

クックパッド楽天レシピを見れば一発解決!

クッキーを通販で買う場合

通販で買う場合も、食べ物なので楽天をおすすめします。

バレンタイン クッキー で検索してみたり、クッキーランキング もチェックすると良いかと思います。(クッキーランキングは更にジャンルを絞り込めます)

ついつい目移りして自分が食べたいものまで買わないように注意!

クッキー以外なら?

もしクッキー以外を贈る場合、それこそキャンディやカップケーキやサーターアンダギーのように「小分けにできて配りやすいもの」という点さえ外さなければ何でも良かったりします。

実際、例えホワイトデーのお返しという下心があったとしても女性からプレゼントされるものは何でも嬉しいものですから、気負わず悩まずパパッと選んでしまっても問題ないんですよ!

以上、参考になりましたら幸いです(^ω^)<でもおすすめはクッキー

スポンサーリンク