【クラロワ】大会に入れないあなたに送る、検索テクニック

スポンサーリンク

クラロワの大会って、検索欄に何も入力せず検索すると今までは近所の大会が表示されていたのに、いつぞやのアップデートから必ず「該当なし」になりませんか?

何故そうなったのか分かりませんが、この仕様やそもそも大会数自体が少ないのも相まって「なかなか大会入れないんご・・・」と悩んでいる方も多いはず。

クラロワの大会は主催者でなければ参加費用は無料ですし、負けても失うものはないのでデッキを試すのに持ってこいなモードですが、入れなければ全く意味がありません。

そこで、入りやすい大会を探す私なりの検索テクニックをご紹介しましょう!

入りやすい大会を探す検索の仕方

一番良いのはパスワードがかかっていなかったり、かかっていても記載されているヤツですね。

そういった大会を狙って、検索ワードを工夫します。

「誰」と検索

「誰でも」という大会を狙って「誰」と検索するパターン。

「あ」と検索

「ああああ」など適当に付けたような大会名であればパスワードがかかっていない可能性が高いはず・・・!という理屈による検索パターン。

「お」と検索

初めて主催する大会は「お試し」という名前にしがちなはず・・・!そしてパスワードもかかっていないはず・・・!という理屈による検索パターン。

お試しというくらいなので高い報酬は設定されないと思います。

「パス」で検索

「パスは説明欄」とか「パス = 日本」などパスワードが公開されている大会を探すパターン。

日本人のみで開催したい場合にこのような大会が開かれるのでしょうか?

「pass」と検索

海外のものになりますがかなりの大会をヒットさせることが可能なワード、「pass」。

多くヒットするからと言って参加しやすいかと言われると微妙で、英語ですらない大会や人数が1/50の大会なども多く実は非効率だったりします。

※追記:他に「部」「1」なども多くの大会がヒットするようです。

その他の方法

ツイッター

私はほとんど検索機能だけで大会参加していますが、ツイッターを利用する方法もあります。

ツイッターで「クラロワ」あるいは「クラロワ 大会」などと検索すると、「クラロワの大会作ったので良ければどうぞ、大会名は○○、パスは○○です」というつぶやきがたま~にあったりするので即座に検索かけてみましょう。

ハッシュタグで検索かけたほうが良いかどうかは・・・残念ながらツイッターに詳しくないので分かりません!

大会サポートアプリ

何やら大会を一覧表示してくれそうなアプリもありましたが・・・なかなか怪しかったので私は使おうと思わないし紹介しようとすら思いませんでした。

気になる方は「クラロワ 大会 アプリ」で検索すると(削除されてなければ)見つかります。

まとめ

大会機能が実装されてプレイ後すぐに「これは廃れるだろうなぁ~」と思いましたが、案の定えらいことになってますよね。過疎的な意味で。

更にチャレンジモードの実装で拍車かかった感がありますが、個人的にはとりあえず負けても平気な試合が行える意味は大きいので、もっとたくさんの大会が開催されるようになると嬉しいですね。

大会を盛り上げるには・・・獲得した宝箱を即座に開封できるようにしてくれ運営!!

スポンサーリンク