【クラロワ】スケルトンラッシュの使い方と対策を考える

スポンサーリンク

アップデートによる追加カード「スケルトンラッシュ」の情報が解禁となりました。

早速今回も使い方と対策を考えていきましょう。

ステータス

-185411

カードの性能は「10秒間、半径5の円形エリア中からレベル9スケルトンを0.5秒間隔で次々と生み出す」というもので、このカードの情報はうっすらと知っていましたがユニットでなく呪文だということに驚きました。

ゴブリンバレルのスケルトンバージョンやどこにでも置ける墓石みたいな感じかな~と思ってたけど全然違いますな(^ω^;)

スケルトンを”次々と生み出す”ことから、範囲攻撃や呪文で一瞬にして葬られることがないのが大きな利点です。そうじゃないと5コストの価値無いですしね!

使い方・入りそうなデッキ

誰でも思いつきそうなのがディガー+スケルトンラッシュ。きっとディガーラッシュという言葉が生まれる!!

“アリーナ上のどこにでも出現できる”という両カードの特徴が組み合わさっていて、ディガー+ゴブリンバレルの高コストバージョンとして採用されそうです。

でもコスト8と重い割にバルキリーをぶつけられるとあっさり返されそうな気がしますが、、、どうなんでしょ?

ディガーだけでなく、壁ユニットがタワーに到達した時に援軍として撃ち込むのがベーシックな使い方になると思います。

他にはスケルトンラッシュ+鏡で相手のキングタワーに2発打ち込み、一気に落とすのもクッッソ面白味がないですが作戦として考えられますね。レイジも加わればああ恐ろしや。Youtubeに動画があったような。

そんな駆け引きも何もない戦い方をするなら対人ゲームしないでおくれ!って私は思いますけど。

基本的に攻めのカードですが防衛面ではスパーキー対策や、プリプリペッカに対する回答の一つになるかもしれません。

対策

壁ユニット+αで攻め込まれ、タワー付近にスケルトンラッシュを撃ち込まれたと仮定します。

タワーが壁ユニットをターゲットしてしまうとスケルトンがやりたい放題になるので、壁ユニット+αを処理しつつスケルトンにも手を回さねばなりません。つまりできるだけ低コストで処理したい。

スケルトンレベル9のHPは67のため、槍ゴブリンレベル9の攻撃力では一撃で処理できず。

となると・・・アーチャーなんて良いんじゃないでしょうか。

近接ユニットでは壁ユニットをターゲットした時が怖いので、アーチャーが壁ユニットをターゲットしない程度にタワーの後ろに置いとけばスケルトンをチュンチュン処理してくれて万々歳。(想像)

あるいは、一撃で処理できませんがデバフのおかげで大して攻撃されないと踏んでポイズンを撃つのも良いかもしれません。

ポイズンなら呪文なので壁ユニットをターゲットしてしまいアワワワ・・・とはならないし、壁ユニットにも刺さるので美味ですね。

まとめ

単純比較できるものでもないですが、無理やり比較するとコスト1で3体召喚のスケルトンとコスト5で20体召喚のスケルトンラッシュ。コストパフォーマンスではスケルトンラッシュが勝っています。

もともとスケルトンはコストに対する攻撃力が高いユニットなので、ハマれば抜群の火力になりますね。

ウルトラレアなので多分私の手元にはやってこないでしょうけど・・・面白そうだし是非とも使ってみたいカードです(^ω^)

スポンサーリンク