【マイクラ】ボタンの信号をリピーターだけで延長する方法

スポンサーリンク

どうも、私です。

新PCにしてから起動するのが億劫だったマイクラ。

起動したら無事ワールドが消えてました。

大したモノ作ってなかったから移行しなくていいや~ってことで、今回はリハビリがてら「ボタンの信号を延長する方法」を紹介します。

今後大したモノを作るのに必ずや必要になってくるでしょう。

ボタンの信号を延長する

ボタンってのは一度作動すると、

約1.5秒信号を流してOFFになります。

この1.5秒を延長するのが今回の目的。

これはダメなパターン。

これだと信号が届くまでに時間がかかり、延長でなく遅延となってしまいます。

ではなくて、信号の開始はそのままに終了が遅くなければならないので、

こうしてみました。

回路の挙動

ボタンを押すと・・・

まっすぐ通る信号と、リピーターで遅延される信号に分かれます。

そしてまっすぐ通った信号が切れる瞬間に、遅延された信号が合流して信号が延長。

この形で、およそ3秒間信号が流れました。正確には3.2秒?

一見すると不要そうなのに重要なのがこのリピーターで、

このリピーターが無いと信号が永遠にONのままとなってしまいます。

リピーターの性質から、信号が循環するようにリピーターを置くのは基本的にNGです。

そんな信号の永遠ONを防ぐため、リピーターを置いて信号の流れを一方向に定めているわけですね。

更に延長したい場合

ではここからは更なる延長を望む場合。

手っ取り早いのは同じ機構を2つ繋げちゃうこと。

繋げるたびにおよそ1.6秒延長できます。

が、この機構を1つ繋げるたびに、まっすぐ通る信号がリピーター1つ分遅延してしまいます。

遅延せずに延長するのが本来の目的なので、少しズレてきますね。

ちょいと工夫して、こうしてみましょう。

これでもしっかり延長できます。

ただしリピーターを挟まない関係上、1個だけ右クリック2回のリピーターを置く点に注意。

そして、更にこれを延長しようとすると・・・

流石にリピーター多すぎ(^ω^;)

ここまで来るとタイマーを使うか、ボタンの信号をON・OFF切り替え式に変換して、一定時間でOFFにするなりした方が良いですね。

もっと簡単な方法に私が気づいてないだけかもしれないですね!

まとめ

リハビリにしてはショボすぎたか!?

いやいや、これでも2日がかりで作ってるんですよ。

ふと「延長した信号を活用する装置を作ってみたいな~」と思い立って、その前段階で延長回路を作ってみたわけですが、あんまりスマートじゃないものが出来上がりました。

機能性重視ならパーツが多くても見た目が分かりやすい方が実用的ですけど、私が作るのは基本ネタ装置なので、どうせならもう少しかっこよくしたいところですね。

てなわけで今回は「ボタンの信号をちょっとだけ延長したい!」人にのみ使える内容となりました(^ω^)

スポンサーリンク