1サイト目のプラグインをまるごと2サイト目に引越しできる便利なプラグイン

スポンサーリンク

WordPressの1サイト目のプラグインをまるごと2サイト目に引越しできる便利なプラグインをご紹介します。

・・・言っている意味分かりますか?^^;

私も書きながら「何を言っているのだろう」と不安に駆られたので噛み砕いて言うと、「サイトAのプラグインをサイトBにコピーできるプラグイン」です。まだ意味不明だったらそれはゴメンナサイ。

サイトを運営していて2サイト目を作ったとき、既に運営中のサイトと全く同じプラグインを使用したい場合に有効なプラグインとなります。

その名はMulti Plugin Installer

そのプラグインの名はMulti Plugin Installer。

早速使い方をご紹介。引越し元をサイトA、引越し先をサイトBとして解説します。

インストール(サイトA・サイトB)

2016y05m19d_203023494

インストールは普通に。

プラグインデータをダウンロード(サイトA)

2016y05m19d_203120263

サイドバーにMulti Plugin Installerが表示されるのでクリック。

2016y05m19d_203323326

ややスクロールした場所にある「Take Whole Plugins Backup」の「Click Here To Take Whole Plugins Backup.」をクリック。

2016y05m19d_203356204

バックアップデータが表示されるので、Downloadのアイコンをクリック。

これでサイトAのプラグインデータがダウンロードされます。

プラグインデータをアップロード(サイトB)

2016y05m19d_203120263

サイトBでもMulti Plugin Installerをクリック。

2016y05m19d_203648822

グッとスクロールした場所にある「Upload Downloaded Backup File To Install Plugins」で先ほどダウンロードしたファイルを選択し、「Install plugins」をクリックすれば完了。

有効化や設定は都度行いましょう

1度しか試していませんが、有効化や設定はイチからしなければならないようです。プラグインの設定情報は別途格納されていて、その情報はダウンロードしないから?

ちなみに、サイトAからダウンロードしたプラグインデータを誤ってサイトAにアップロードしましたが、その時は設定が初期化されることなく現状維持でした。心底焦りました!!!

「プラグイン 引越し」とかで調べても「サイトを引越しする時に便利なプラグイン」のような情報しか出てこず困ったので、同じ状況の方にこのページが届くことを願っております。

スポンサーリンク