指定範囲をスクリーンショット(キャプチャ)できる軽くて便利なソフト

スポンサーリンク

皆さん、パソコンを使っていて「この部分だけキャプチャしたい!」と思うことはありませんか?

私はブログ用にキャプチャすることはもちろんありますが、ページの面白い部分だけをキャプチャしてスカイプで友人に送る、なんてこともよくあります。

そんな「指定部分だけをキャプチャ」できる上に軽くて使いやすいスーパーなソフトをご紹介。

PettyCamera

それがコイツだ!

⇒PettyCamera

まずダウンロードして驚かされるのが、

exeファイルしかない!?

exeを叩いて起動した際に「PettyCamera.ini」ファイルも作られるので実際問題exeファイルのみではないですが、zipで圧縮していて解凍したらあれやこれやと設定ファイルが展開されるアプリケーションよりは遥かにスッキリとしています。ファイルサイズも384KBと激軽!

使い方

起動するとこんな枠が表示されます。

右下の「とる」を押すかPrtScrキー押下(デフォルト時)で枠内をキャプチャ。キャプチャ機能はこれだけ。超シンプル。

キャプチャ範囲をいじりたい時は四隅にカーソルを合わせてドラッグすれば自由自在。(カーソル写ってないけど・・・)

「?」ボタンを押すと設定画面。

ファイルの出力形式、画質、ショートカットキー、保存場所などなどいじりたい部分はほぼ網羅されていますね。

枠色を変えるというどうでもいい機能も。

初期設定からいじるとしたらショートカットキーや保存場所でしょうか。私は保存場所だけ変更しています。

注意したいポイント

使っていて「アレ?」と思うであろう仕様があるので紹介しましょう。

この画像と、

この画像。

赤丸で囲まれたボタンが”終了”を表す「×」なのと”最小化”を表す「-」という違いがありますよね。

これは「PettyCameraがアクティブな時は「×」になり、ノンアクティブな時は「-」になる」という挙動から生じる現象ですが、PettyCameraはノンアクティブでも画面最前に表示されるためアクティブ・ノンアクティブが一目で分かり難く、「なんで×になったり-になったりするんや!?」と混乱しがちです。

困るのは終了したいのに×ボタンが無い、というケースだと思うので「アレ、PettyCameraを終了したいのに「-」だから終了できないぞ?」という場合は「とる」ボタン左側の青い部分をクリックし、PettyCameraをアクティブにすることで「×」が現れて終了できるので覚えておきましょう!

まとめ

PettyCameraは軽くて最低限の機能を備えたキャプチャソフト・・・ではなく、軽いのに必要十分な機能を備えたキャプチャソフト

むしろ軽くてシンプルなこと自体もひとつの機能として捉えられるでしょう。機能美というやつですね(?)

気になる場面が現れたらサッと起動、サッとキャプチャ、サッと終了、と流れるようにキャプチャ可能な、キャプチャをする機会のある方全てに試してほしいソフトです!

⇒PettyCamera

スポンサーリンク