ナプラ ケアテクトHBシリーズを成分解析

スポンサーリンク

本日はナプラ ケアテクトHBシリーズを成分解析していきます。

ゴーゴーレッツラゴー。

ケアテクトHB カラーシャンプー

「カラー後の髪と頭皮をやさしくケアし美しいカラーヘアを持続させます。」というコンセプト。

しっとりの”S”と・・・ボリュームの”V”ですね。きっと。

成分解析

出典:https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8A%E3%83%97%E3%83%A9-%E3%82%B1%E3%82%A2%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%88HB%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%BCS-300ml/dp/B002FP5AKI#productDescription_secondary_view_div_1480680271466

成分はSのものですが、調べ間違いじゃなければVもあまり変わりません。配合量等で調整してそうなので、書いてある通りしっとりを求めるならS、ハリ・コシを求めるならVを選びましょう。

洗浄成分はバランス良く、しっかり洗えるラウロイルメチルアラニンとスルホコハク酸ラウレス2Na、マイルドなコカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸TEA、泡立ち補助のコカミドDEAとジオレイン酸PEG-120メチルグルコース。

いずれも低刺激で問題なく、適度な洗浄力を持ったグッドな構成だと思います。

さて、洗浄成分以外に目を向けるととてもリッチ

ラウロイル加水分解シルクNa、加水分解ヒアルロン酸、ヘマチン、”ペリセア”ことジラウロイルグルタミン酸リシンNa、”リピジュア”ことポリクオタニウム-61などなど、保湿成分・補修成分ともに他の追随を許さないと言っても良いくらい豪華な構成になっています。

特にヘマチン・ペリセア・リピジュアの3つが同時に入っているシャンプーにはお初にお目にかかって驚きです。

でもこれだけ豪華ならお高いんでしょう?と思い価格をチェックすると・・・執筆時点、Amazonで750mlが2,143円という驚異の安さ。

これは成分の割に安いというより、一般的なシャンプーと比較しても安いと言えます。

質重視の人にもコスパ重視の人にもおすすめできる、とてもグッドなシャンプーですね。

ケアテクトHB リペアシャンプー

「熱処理によるダメージヘアに適し、天然由来成分で髪を内部からいたわり、自然なツヤとまとまり感を与えます。」という、ケタテクトHBのリペアタイプ。

成分解析

出典:https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8A%E3%83%97%E3%83%A9-%E3%82%B1%E3%82%A2%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%88HB%E3%83%AA%E3%83%9A%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%BC-750ml/dp/B003VGW3P0#productDescription_secondary_view_div_1480682101569

洗浄成分は低刺激で、メインのココイルグルタミン酸TEAがマイルド、続くスルホコハク酸(C12-14)パレス-2Naが洗浄力高め、ラウラミドプロピルベタインとラウリミノジオプロピオン酸Naはマイルドとなります。

泡立ち補助成分も問題なく、こちらもグッドな洗浄成分構成。

カラーシャンプーと大きく違うのはヘマチンが無くなり、メドウフォーム-δ-ラクトンが配合されたこと。

メドウフォーム-δ-ラクトンとは・・・

加熱により毛髪ケラチンのアミノ基と化学結合(アミド結合)を形成します。

このアミド結合は疎水性相互作用より強力な髪への吸着性を有し、毛髪の疎水性環境の強化が期待できます。

出典:http://www.ichimaru.co.jp/products/meadowlactone_ve.html

加熱により髪の補修が可能となる成分です。

髪を加熱するようなことと言えば・・・ドライヤーやヘアアイロンがすぐに思い浮かびますね。

それらの熱を利用して補修するので、言わば髪の耐熱性が上がるようなイメージです。

とてもリッチでコスパにも優れるのはカラーシャンプーと変わらず、普段からヘアアイロンをガンガン使ってダメージに悩んでいる人はピッタリなシャンプーと言えます。

ケアテクトHB スキャルプシャンプー

「きめ細かな泡立ちで髪や頭皮の汚れをすっきり落とし、天然由来成分がうるおいを与えて、すこやかな髪と頭皮に導きます。」なスキャルプタイプ。

成分解析

出典:https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8A%E3%83%97%E3%83%A9-%E3%82%B1%E3%82%A2%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%88HB%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%BC-750ml/dp/B003VGZ83O#productDescription_secondary_view_div_1480683686443

洗浄力高めのスルホコハク酸(C12-14)パレス-2Naが洗浄成分トップにきており、マイルドなココイルグルタミン酸TEAなどが続きます。洗浄成分は問題なし。

スキャルプケアというだけあってグルチルリチン酸2Kや各種エキスを配合し、頭皮がオイリーなことで引き起こされる炎症等のトラブルを高めの洗浄力とその他成分で抑えましょう、という意図が感じられます。

しかし加水分解ケラチンやヒアルロン酸、ペリセアやリピジュアなど豪華な成分は継承されており、そんじょそこらのシャンプーよりよっぽど上質で、ただの洗浄力の高いシャンプーではありません。

オイリー頭皮で悩まされている人におすすめです。

まとめ

成分・価格のどちらを見てもびっくりするくらい上質なシャンプーでした。

優れた洗浄成分構成とリッチな保湿・補修成分で、このシャンプーを見るといかに多くのシャンプーが利益重視なのかが窺えますね。

特にダメージヘアに悩んでいる人におすすめしたいので、今度ハイパーダメージヘアを持っている友人に誕生日プレゼントとして贈ってみます!

スポンサーリンク