髪の黄ばみをとるムラシャンの効果と使い方

スポンサーリンク

オシャレの一環として広く親しまれている「ヘアカラー」。

ですが、ヘアカラーを施した人ならではの悩みが存在します。

それが“髪の黄ばみ”

ヘアカラー後1ヶ月も経つと元の色味はどこへやら?って思っちゃうくらい髪が黄ばんで、せっかくのカラーが台無しになって困りものですよね。

そこで最近話題になっているのがムラシャンです。

今回は髪の黄ばみをとると言われるムラシャンの秘密に迫ります!

ムラシャンとは

ムラシャンとは「紫シャンプー」の略称で、もう見たまんま紫色のシャンプーです。

種類はいくつかありますけど、このエンシェールズのムラシャンが人気ですね。

髪が黄ばむ理由

さて、ムラシャンの話をする前にそもそも何故にヘアカラー後の髪が黄ばむのか?ということをお話しましょう。

※と言っても私は専門家ではないので、色々と調べてみた結果辿り着いた結論になります。全然間違ってる可能性もあるのであしからず(^ω^;)

我々日本人の髪色は黒色で、黒は赤・青・黄で構成される色です。

ヘアカラーの前にこの黒色を抜く作業としてブリーチを行う訳ですが、抜けるのは青⇒赤⇒黄の順。

そしてブリーチを繰り返し行っても最後に残った黄色の色素を完全に抜くことが難しく、やや黄色味が残った髪に対して色を入れることになります。

この”黄色味が残った髪”というのが黄ばみの正体で、ヘアカラーの退色が時間と共に進んだ結果、もともと残っていた髪の黄色味が表面化して髪が黄ばんで見える、というのが黄ばみの正体です。

何故ムラシャンで黄ばみがとれるのか

続いて本題の、ムラシャンで黄ばみがとれる理屈をお話します。

ムラシャンには紫色の色素が含まれていて、その色素をシャンプーと同時に髪に入れるというアイテムです。

では皆さん、紫色は何色と何色を組み合わせて作り出されますか?

そう、赤色と青色ですね。

そして髪の黒色を構成する色は・・・。

そう、赤色と青色と黄色です。

何となく察しがついたかもしれませんが、ムラシャンに含まれる赤色と青色の色素が、髪に残った黄色の色素とうまい具合にガッチャンコすることで黄ばみをとることができるんです!

この黄色:紫色とか、赤色:緑色なんかの「混ぜ合わせると黒になる色」を補色・反対色と言います。

「いやいや、だったら黒髪になっちゃうじゃん!私の髪はアッシュなんですけど!!」と思われるでしょう。

でも大丈夫、染めた髪が黒髪に戻るなんてことはなく、黄ばみを打ち消す程度の効果に留まってくれるんです。

その理屈は・・・分かりません(^ω^;)

というか、色彩学的には、

補色同士のカラー剤を混ぜると、ブラウンに近づくのです。ですから、カラーの赤みを抑えたい場合には、反対色であるマット(緑)系の色を使えば、赤みを消してブラウンに戻すことが出来るのです。また、かなり髪が傷んでいて黄色っぽくなってしまっているような場合は、黄色の反対色であるバイオレット系の色を入れると、ブラウンに近づきます。

出典:http://www.holiday414.com/tsushin/13_10.htm

黒じゃなくてブラウン寄りになるという話もあります。面白いですね!?

そんなこんなで詳しい原理は分かりませんけど、黄ばみに対して補色の紫色を入れることで打ち消せる、という事だけが言えます。

ムラシャンの使い方

基本的に商品の説明通りに使えば問題ありません。一応購入前の参考として書いておきます。

ムラシャンは2~3日に1回程度のペースで、普通にシャンプーをするのと同じように使います。

ただし1点だけ、ムラシャンの泡で髪を包み込み5~10分ほど放置するというステップを踏んで下さい。

紹介したようにムラシャンは色素を髪の中に入れる必要があるので、浸透させるためにこのステップが必要になります。

使い方はそんな感じ。

ムラシャンの注意点

ムラシャンを使うと、髪が傷みます。

もともとカラーリングもダメージと引き換えに施すものなので、色素を入れるムラシャンも髪に良くはなさそうだなーと想像できますが、

それに紫シャンプーはここだけの話、かなり痛みますよ?

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10114263440

専門家が仰っているので間違いないでしょう。

せめてムラシャンを使わない日のシャンプーはしっかりダメージケアできる”良い”シャンプーを使わねばなりません。

というのも、髪が傷むと中の成分が流れ出しやすい状態になりますから、色落ちしやすい状態とも言えるんです。

色持ちを良くしたいがために使うムラシャンのせいで色落ちしやすくなる・・・完全に本末転倒ですね。

裏返せばしっかりダメージケアすればそれだけで色落ち防止に繋がるので、しっかり吟味してシャンプーを選ぶことをおすすめします。

まとめ

私です
髪の色を長持ちさせるとして話題のムラシャンですが、メリットもあればデメリットもあります。

シャンプー本来の意味を忘れないように、よく考えて使いたいですね。

スポンサーリンク