【クラロワ】協力バトルで格下が格上をしばく為のデッキ

スポンサーリンク

どうも、私です。

シーズン後半になると到達できるトロフィーの限界が見えてくるので、私の様に「宝箱はもっぱら協力バトルで集めてる」なんて人も多いんじゃないでしょうか。

今回は協力バトルで格上を倒すためのデッキを紹介。

定期的に投稿してるシリーズですけど、戦う相手は常にロイジャイエリババなのに、コチラの使うデッキは毎シーズン変わる謎。

デッキレシピ

こんなんになります。

実装当初はゴミカード扱いされていたクセに何故か今や環境の主役に躍り出たホバリング砲ですが、なんと協力バトルでも有能な事が判明しました。

協力バトルにおけるホバリング砲の有能さについて解説します。

両サイドをケアできる

協力バトルで主なダメージソースとなるのはロイジャイとエリババ。

ロイジャイは高HP・建物攻撃・超射程の3拍子が揃っていて、後衛と合わせてレベルの暴力を押し付けやすいユニットです。

エリババはスピードと2体での攻撃による殲滅力に優れ、防衛手段が限られるためレベルの暴力を押し付けやすいユニットです。

これらのユニットを両サイドから展開し、有無を言わさずタワーを落とすのが協力おチンパンデッキであり、協力バトルの主軸となっています。

こういった両サイド攻めに対してホバリング砲を中央に置いてあげると、ユニットがどちらのサイドから来ても対応してくれ、おチンパンアタックのダメージを最小限に留めることが可能です。

こんな感じに置くと右からの攻めも対応できますね。

通常アリーナでの両サイド攻めと言えば三銃士ですが、三銃士にホバリング砲は刺さらないので、両サイド防衛が光るのは協力バトルならではの光景です。

タワーにダメージを入れやすい

協力バトルは両サイドから攻められると書きましたが、裏返せば片方だけ攻めるとエリクサーを大量投入しても範囲攻撃で楽に守れ、タワーにダメージが入れにくいということです。

しかし、ホバリング砲は絶妙な射程を活かしてタワーをターゲットしやすく、少しでもタワーにダメージが入ると美味しい協力バトルに向いています。

ディガーを投げてタワーのターゲットを受け持ってあげると良いですね。

画像ではできてませんが、相手タワーの背後にディガーを投げることで防衛で出てきたユニットがそちらに流れ、よりホバリング砲がタワーをターゲットしやすくなります。

また、ホバリング砲の背後にコウモリを付けてホバリング砲を押すことで、いわゆるエレベーター的な効果も得られます。

ショボい小ネタではですけど、これもタワーをターゲットしやすくなるので何気に6コスト費やす価値はあると思います。

諸々を踏まえて、ホバリング砲でいい感じに防衛しといてディガーとコウモリを足してカウンター仕掛けるのがこのデッキの戦い方となります。

全ユニットの立ち回り

ホバリング砲・ディガー・コウモリ・ロケット以外は基本的に防衛用。

相手の手札を2人分把握するのは不可能に近いのでやりませんが、相方の手札は常に見ながらプレイしましょう。

で、カードを出す前はフィールドをタップし続けて出すカードを予め知らせることで、タイミング被りの過剰防衛を無くすことが重要です。

レベルの暴力があれば多少のアド損は挽回できますけど、格上相手にはプレイングで差をつけねばなりません・・・(^ω^)

相手の過剰防衛はうまくトルネード + ロケットをブチ込んで、

爆アドをせしめてやりましょう。正直ファイボの方が良いけどレベル足りないので。

ちなみに、ダークプリンスはレベル6あるとエリババの防衛がかなりしやすいように感じました。故に以前採用していたペッカを解雇し、ダクプリ採用。

ディガーだけレベル3で十分ですが他はギリギリです。でも勝てます。協力おチンパンに泣かされて宝箱貯まらない人は是非(^ω^)

スポンサーリンク