換気扇の掃除に適したおすすめ洗剤を口コミから導き出す!

スポンサーリンク

一年の締めくくりである年末。

新たな気持ちで新年を迎えるためにも大掃除をする人は多いでしょう。

普段あまり掃除をしない私もこの時ばかりは気合を入れて掃除をしては溜まってた汚れに嫌気がさします。

中でも換気扇の掃除って難しくて、汚れているのは分かっているのになかなか汚れを落とせないんですよね。

そこで、換気扇の掃除に有効な”洗剤”の口コミをチェックしておすすめを探し出し、晴れやかな気持ちで年末大掃除に臨みたいと思います!

結論:重曹とセスキ最強

先に結論を書いておくと、重曹とセスキが最強という結論に落ち着きました。

特に重曹はそこかしこで紹介されていてもはや定番。紹介していないページを探す方が難しいレベル。

価格が安く環境にも優しいので、それでいて汚れが落とせるなら重曹を選ぶのは当然の選択ですね。

市販の洗剤でいうと

技・職人魂 油職人 業務用超強力油用洗剤 スプレーボトル 500ml

この油職人という洗剤が口コミ件数・評価ともに高く良さそうでした。そもそも口コミの多い洗剤が少ないんですけど。

酷く頑固な油汚れを落とせるよう強力な洗剤となっているので、重曹やセスキを使っても汚れが落ちない!となったらこの洗剤を試すのもアリですね。

重曹やセスキが汚れを落とす理由

汚れを落とす大原則は、アルカリ性の汚れには酸性、酸性の汚れにはアルカリ性をぶつけることで中和させ、汚れを分解して浮き上がらせること。

油汚れは酸性であり、重曹やセスキはアルカリ性なのでぶつけると汚れが落ちるという、文字にすれば非常にシンプルな仕組みとなっています。

アルカリ性が強いのはセスキの方でより汚れを落としやすいのですが、実はあまり変わりません。これについては後述。

科学的な細かいお話は・・・要らないですよね。むしろ科学的な話は私も分かりません。

重曹とセスキによる洗い方

▼重曹▼

自然にやさしい重曹 お徳用 1kg

▼セスキ▼

セスキ炭酸ソーダ 1kg

重曹とセスキはいずれも粉末です。粉なんです。

これを水やお湯に溶かすことで液体状にし、換気扇に吹きかけるなり漬けるなりするのが一般的な使い方。

お湯(熱湯)に溶かせばどちらも同じ

重曹もセスキも水よりお湯に溶かした方が効果が高いとされていて、それはどちらもお湯に溶けると“炭酸ソーダ”という液体に変化するため。

炭酸ソーダは重曹やセスキより高いphを持ったアルカリ性のため、汚れを落とす力に優れています。

重曹とセスキ、どちらもお湯に溶かせば同じ炭酸ソーダに変わるので、「重曹もアルカリもあまり変わらない」と書いたのはこれが理由。

また、そもそも油は温度が高いと溶けやすく低いと固まりやすい性質を持っているのでその点でもお湯で攻めるのは効果的と言えます。

漬け置きをしよう

肝心の洗い方で、手軽かつ強力だと思えたのは漬け置き。

ゴミ袋などに炭酸ソーダを注いでその中に換気扇をぶち込み、一定時間が経過したら歯ブラシ等でこするというものでとっても楽ちん。

1年かけてしっかりこびりついた油汚れを浮かせるんですから、それなりに時間をかけてあげたほうが汚れも落ちやすいんです。と言っても放置するだけなのでその間に他の場所の大掃除を進めてしまいましょう。

時間は長い人で一晩、短い人だと1時間くらい漬け置きするようです。後述しますが漬け置きすぎるのも塗装が剥げるなどの危険性があるので、できるなら最初は1時間ごとに様子を見て適切な時間を見極めたいですね。

お湯に溶かす割合

重曹・セスキをお湯に溶かす割合も人によって様々で、

  • お湯500mlに対して重曹大さじ1
  • お湯500mlに対して重曹大さじ2
  • お湯200mlに対して重曹大さじ2

などが挙げられます。

また、重曹2:水1でドロドロのペースト状にして使うという人も結構いるので、多めに入れても大きな問題にはならないでしょう。

気になるなら中間にあたる「お湯500mlに対して重曹大さじ2」くらいにしておけば無難です。(適当)

注意点

炭酸ソーダのようなアルカリ性の強い液体はたんぱく質を分解する作用があるので手荒れの原因になり得ます。

お湯でなく水に重曹を入れた重曹液でも敏感な方は手が荒れる可能性があるので、必ず手袋をはめてから作業するようにしましょう。

それから、換気扇を長い時間漬け置きすると塗装が剥げる危険性があります。

特にアルミなどはアルカリ性に弱いとされていますが、塗装が剥げるのは別問題のような気がするので、やっぱり素材に関わらず最初は薄めでやるとか1時間ごとにチェックするとか、様子を見ながらやってみると良いかと思います。

1回やって適切な時間が見つかれば次回以降は様子見する必要ないですからね!

ではでは、皆様の換気扇から油汚れが消え去ることを願っております(^ω^)

スポンサーリンク