iPhone7 / 7 Plus対応液晶保護フィルム、Amazonランキング上位製品の特徴を解説

スポンサーリンク

iPhone7 / 7 Plusを購入したら是非貼っておきたい、液晶保護フィルム。

巷では「AndroidよりiPhoneの方が割れやすい!」なんて声も聞こえてきます。・・・確かに画面が割れたままiPhone使っている人は結構見かけるかも。

実際にAndroidより割れやすいかどうかはさておき、落として当たり所が悪ければ普通に割れるレベルの耐久性なので保護フィルムを貼るのは必須と言えます。

そこで今回はAmazonランキングの上位にランクインしている保護フィルムの特徴をチェックし、どのような方におすすめの保護フィルムなのか解説していきます!

※基本的にiPhone7 / 7 Plus両対応のものを紹介しますが、iPhone7の販売ページにリンクしているのでご注意ください。

NIMASO

Amazonランキング1位、NIMASOのiPhone7 / 7 Plus対応ガラスフィルム。

薄さは0.3mm、指紋防止、硬度9H、飛散防止、透過率99.9%などガラスフィルムとして欲しいスペックは一通り揃っています。

しかしレビュー評価は執筆時点で平均3.5とあまり高くなく、不満点の第1位は「フィルムサイズが液晶の横幅よりやや小さい」こと。

iPhone自体が丸みを帯びた形状になっているのでジャストサイズで作るとフィルムの縁が浮いてしまうため、ガラスフィルムも丸みを帯びる加工をするかサイズを小さくするのが一般的な対処法となります。NIMASOの場合は後者ですね。

それで問題なく使えれば悪く言われることも無いんでしょうけど、若干操作性に不満を感じている方もいて低評価に繋がったようです。

何故そんな弱点のある商品が1位になっているのかというと、9/30まで1,170円で購入できるキャンペーンが開催されているのが要因かなーと思いましたが、1,170円って特段安い価格じゃないのでやっぱり分かりません(^ω^;)

価格:1,170円(執筆時点)

⇒【Amazon】NIMASO iPhone7 / 7 Plus用ガラスフィルム

Qosea

Amazonランキング2位はQosea。

前述NIMASOと同じく旭硝子製なので基本的な性能は一緒。薄さなんかも同じです。

ただしこちらはラウンドエッジ加工されているのでNIMASOにあった操作性の不満は改善されているかもしれません。

それをレビューでチェックしようとしましたがどうやらこのメーカー、時計の保護フィルムなんかも販売しているようでひとつのページに全アイテムのレビューが掲載されているため、どのレビューがどの製品に対してなのか分からず・・・。一応執筆時点で平均3.9と評価はまずまずでした。

気になるお値段はなんと850円。キャンペーン中のNIMASOより安いです。

特にNIMASOに劣っている点が見受けられないので、ラウンドエッジ加工に嫌な思い出でも無い限りQoseaで良いんじゃない?と私は思います。

⇒【Amazon】Qosea iPhone7 / 7 Plus用ガラスフィルム

CASEBANK

Amazonランキング3位はNIMASOのiPhone7 Plus用だったので4位のコチラを紹介。

CASEBANKというメーカーのガラスフィルムですが、最大の特徴は素材に”硬くて柔軟性がある”ドラゴントレイルXを採用していること。

硬さは9Hを上回るビッカーズ硬度673HV!!・・・・・・なんのこっちゃって感じですが、とにかく従来のガラスより強度が高くナイフやカッターでこすってもキズがつかないレベルだそうです。

強度重視のガラスフィルムは厚みが出てしまう傾向にありますが、この製品は厚みの記載がどこにもありません。

ドラゴントレイルXを採用した他社製には0.21mmと0.55mmのタイプがあり、0.21mmの極薄ならアピールしそうなものなので0.55mmくらいの厚みはあるのかな~と勝手に思いました。

特に厚みの事を指摘するレビューは見受けられないので、強度重視の方は買いですね。

価格:798円(執筆時点)

⇒【Amazon】CASEBBANK ドラゴントレイルX採用ガラスフィルム

OAproda

Amazonランキング5位、執筆時点でレビュー件数2,400件超えという怪物ガラスフィルム。iPadやGalaxy向けのフィルムも販売しているのでひっくるめてのレビューですが、それでも異常なくらいの件数。

しかもレビューの半数が5点満点、平均評価4.1という高い評価がモンスター具合に拍車をかけます。

何がそんなに凄いのか?と言われると全体的に優れているものの突出した点が見当たらず不思議な感じ。貼る位置を確定してくれるキットが付属していて、貼る際に失敗しない工夫が施されているのは高評価ポイントだと思います。

初めてフィルム貼りに挑戦する方や上手く貼れるか自信が無い方は買っておけば間違いないですね。

価格:1,099円(執筆時点)

⇒【Amazon】OAproda iPhone7 / 7 Plus用ガラスフィルム

【番外編】マックスむらいのアンチグレアフィルム

Amazonランキングを無視した番外編。AppBankが販売する「マックスむらいのアンチグレアフィルム」。

“アンチグレアフィルム”とは光の反射で画面が見えにくくなるのを防止するよう加工されたフィルムで、目の疲労を軽減できるなどのメリットがあります。

反面、特殊加工されたフィルムを液晶に貼る訳なのでそもそも画面の鮮明さが落ち、若干スモーキーな画面になるとされるのでこれがデメリット。

それから、これは良し悪しですが、ガラスはツルツルな手触りなのに対し、アンチグレアはサラサラした手触りなのが特徴。

数あるアンチグレアフィルムの中でもマックスむらいのアンチグレアフィルムは抜群のサラサラ感を誇っており、アンチグレアフィルムを検討しているならダントツでおすすめします。

価格:1,000円(執筆時点)

⇒マックスむらいのアンチグレアフィルム

意外と代わり映えしないガラスフィルム界

以上、Amazonランキング+番外編のガラスフィルムを紹介しました。

調べていて思ったのが「どの製品も大してスペックが変わらないな」ということ。

強度や厚さ、機能性も大差ないのでガラスフィルム界も極まってきたのかもしれませんね!

個人的にはレビューも豊富で失敗しないキットが付属しているOAproda製が安心して買えるかな~と思いました。

スポンサーリンク