インフルエンザの予防対策!うがいより効果的な予防法とは!?

スポンサーリンク

どうも、私です。

最近は冷え込みが厳しくなりましたね。

この時期になると毎年必ず流行るのが“インフルエンザ”。もうほんと毎年猛威を奮うの、勘弁して欲しいですよね。

ですがインフルエンザは感染力の高さから「今年はインフルエンザの感染、全国的に大丈夫そうです^^」とはならないもので、私たちに出来るのは自衛のみ。

そこで、インフルエンザに効果的な予防・対策をご紹介します。きっと意外な予防方法があるので是非実践して下さい!

手洗い

インフルエンザの感染経路として多くあげられる”手”。

インフルエンザのウイルスはドアノブやつり革など様々な場所に潜んでおり、そこを触った自分の手にウイルスが付着して、更に鼻や口からウイルスが侵入し感染する、というプロセスになっています。

そこかしこに潜むウイルスに触れないように生活するのは流石に非現実的なので、手に付着してしまったウイルスを洗い流して感染を防ぐという意味で”手洗い”が推奨されているのです。

手洗いのコツ

ただ水で洗い流すだけではウイルスを洗い落とせません。

石鹸等を使い手の甲や指先、指の間までしっかりと時間をかけて洗い流しましょう。(目安は20秒)

うがい

よく手洗いとセットで紹介される”うがい”。

うがいはそのイメージ通り、口の中や喉を洗浄し細菌・ホコリを外に出すのが目的です。

実際、「うがいによってかぜの発症率が減少した」という検証結果があるので、効果は間違いなくあります。積極的に取り入れましょう。

水分補給

手洗いやうがいは一般的に浸透している予防策ですね。

そして今回一番紹介したかったのがコレ、“水分補給”

体内の水分量を増やしましょう!という話ではなくて、水分を”飲む”という行為が良いんです。

そもそもインフルエンザなどの風邪はウイルスが体内に侵入して引き起こすものですが、どこから侵入するか考えたことはありますか?

答えは鼻や喉などの粘膜で、比較的体の浅い部分から侵入するんですね。

これを防ぐために、水分で喉のウイルスを一気に体内に流し込んでやるんです。

体内に入ったら危ないやないかい!と思いがちですが、私たちの胃には”胃酸”という強力な酸がいてウイルスをKOしてくれるので問題ありません。逆に言えば、だからこそウイルスは体の浅い位置から侵入してくるんです。

水分補給のメリット

水分補給はうがいと違って喉の奥の方まで洗い流せます。これがひとつのメリット。

また、「インフルエンザウイルスは喉に付着して約20分ほどで体内に侵入する」んだそうで、これはつまり、20分間隔で喉を洗浄しないと完璧な予防策とは呼べないことを意味します。なんて重要なお話!

20分ごとにうがいをする・・・とても現実的ではないですよね。

ですが、20分ごとにお茶を飲むくらいであればまだ現実的だと思いませんか?

もし仮に20分ごとの水分補給が難しくても、とにかくこまめに水分を飲むように意識しておけば大分違うはずです。

このように「インフルエンザは思ったよりこまめな対策が必要な中で、仕事中や外出中でも取り組みやすい手軽さ」というのが水分補給の最大のメリットと言えます。是非実践しましょう!

マスク

マスクは口や鼻から菌の侵入を防ぐアイテムですが、実は過度な期待は禁物

というのも、マスクにも色々な種類があり、網目の洗いガーゼマスクはもちろんのこと、網目の細かい不織布マスクですらインフルエンザウイルスより網目が大きいとされているので、侵入を完璧に防ぐことは出来ないんです。

でも他人の咳やくしゃみといった飛沫感染を防ぐ効果は期待できますし、乾燥対策として喉を保護することもできるので、付けた方が良いのは間違いありません。

【楽天】不織布マスク

まとめ

私です
インフルエンザの予防・対策をいくつか紹介しましたが、やっぱり一番紹介したかったのは水分補給。

これはインフルエンザだけでなく、胃酸に弱い様々なウイルスに有効な対策です。

うがい・手洗い・マスクも重要ですが意外と知られていない「こまめな水分補給」でインフルエンザウイルスをKOしてやりましょう!

スポンサーリンク