【フレブレ】変化【オーバーフロー】の効果を確かめてみよう

スポンサーリンク

どうも、私です。

前回【フレブレ】重撃【推参】の効果を確かめてみようで、ヤサカ用コアカードの効果を確かめてみました。

そして今回は、、、

バザ用コアカードを解放してしまったZE~~~!!!

最近、ヤサカ以上に強いんじゃない?と思ってガンガン使用しているバザ。

バザ用コアカードの性能はこんな感じ。

ヤサカは「重撃【推参】」が固有効果だったのに対し、バザは「変化【オーバーフロー】」となっています。

オーバーフローは攻撃&回復&ストレンジアのリキャスト短縮という攻防サポート一体となった便利なスキル。

ヤサカの前例から見ても、このスキルの性能が何かしら変化するのは間違いないでしょう。

“重撃”はなんとなく強力になりそうな印象ですが、”変化”だとそうでもないのは私だけでしょうか。

なにはともあれ、この効果を探ってみます!

追記:アップデートにて・・・

うわああああああ(^ω^)

具合の悪いことに公式が効果を発表してくれましたね。

しかも私の書いたことがほぼ全否定されるという・・・(^ω^;)

おかしいな~と思いつつ、アップデートでサイレント修正された可能性も考慮しつつダメージだけでも再検証してみましたよ。

通常時のオーバーフローのダメージ、68。

変化【オーバーフロー】時のダメージ、68。

変わらんやんけ(^ω^)

もうワケが分かりません。対エージェントのみダメージが上昇するとか?だったら説明不足すぎるゾ~~~。

通常時のオーバーフロー

今回も条件を近づけるため、パワー小↑のついた進撃のウルフェナを通常時として採用。

使用の瞬間。

ダメージが81で、ストレンジアのリキャストも短縮。

回復が110。

では変化【オーバーフロー】を見てみましょう。

変化【オーバーフロー】

カードのデザインはメチャカッコイイんですけど、効果はどうなんでしょうね。

使用の瞬間。

ダメージが81で、ストレンジアのリキャスト短縮。

ダメージは同じですね。

そしてなんと・・・回復しません。

これはおかしい!

回復しないならより攻撃的なスキルになっているはずで、ダメージに変化が無いときたらリキャスト短縮の性能がアップしているに違いない!

てな訳で通常時と変化【オーバーフロー】時のリキャストを比べてみます。

上2つが通常時の使用前・使用後で、下2つが変化【オーバーフロー】時の使用前・使用後。

・・・変化なし。

ゴミスキルかな??

結論

調べた限り、変化【オーバーフロー】はオーバーフローから回復性能を取っ払ってしまう最低な効果ということが分かりました。

嘘です、そんなわけないですね。

正直どんな効果が付与されてるか分からんとです。

だけどオーバーフローから回復効果が無くなったら、よっぽどのメリットが無いと使えないと思いません?

私にとってオーバーフローは、攻撃スキルでもリキャスト短縮スキルでもなく、回復スキルです。

HP低下してからの被ダメージ減少スキルが非常に強力なバザはHP回復の恩恵を感じやすいので、例えばヒットした相手を気絶させるくらいの効果じゃないとトレードしたくないんですよねえ。

詳細な効果が判明したら手のひらクルーしてる可能性も全然ありますけど(^ω^)

今のところあまりおすすめはできないかな~と思います。良ければご参考下さいな!

スポンサーリンク