【クラロワ】ゴブリンギャングの使い方と対策を考える

スポンサーリンク

アップデートで追加される「ゴブリンギャング」

吹き矢ゴブリンに続く新ゴブリンカードで、誰しも一度はゴブリンデッキを試す時代に突入しそうです。

では性能をチェックしていきましょう!

ステータス

新カードですが新ユニットではなく、3コストで既存の「ゴブリン」と「槍ゴブリン」を3体ずつ召喚するカード。

ゴブリンも槍ゴブリンも2コストなので、別々に使うより1コストお得になっています。

ローリングウッドで処理されるのは相変わらずで、コスト的に相手にアドバンテージを取られるため、単純に「ゴブリンや槍ゴブリンを使うくらいならゴブリンギャングを使うべき!」とは言い難いですね。

使い方

ゴブリンがザップで生き残ることから、防衛ユニットとしてそれなりに使えそうな気がします。ザップでやられちゃうスケルトン軍団より有能説は大いにアリ。

ただ、ザップでゴブリンが処理できないということは、もともと強いローリングウッドを更に採用させやすくしているのが悩みどころ。

一方、ローリングウッドは空軍に無力だから矢の雨を入れよう、という考えもあって、「ゴブリンギャングも一掃できるし矢の雨の方が使い勝手良いかな」という考えで矢の雨入りデッキを入れるパターンもあったり、とりあえず出しておけば必ず仕事してくれるユニットじゃないことだけは確実です。

囮にしてローリングウッドや矢の雨を消費させるなど、呪文枯渇デッキに入りそうですね。

ゴブリンだけで構成するネタゴブリンデッキは・・・タワー1つを落としてももう1つを落としきるパワーが無いような気がします。

対策

簡単かつアドバンテージが取れるのは他ユニットも巻き込みつつのローリングウッド。

話が早いのはバルキリーやボウラー、ファルチェ。

ザップを打てば槍ゴブリンだけは処理できゴブリンは虫の息状態となるものの、虫の息にするメリットが薄いのであんまり好ましくない使い方(^ω^;)

まとめ

私です
完全にローリングウッドの餌食なので、採用率がどうなるのか微妙なユニット。

コスト3の雑兵系ということでスケルトン軍団と比較した時、ザップに耐えるという時点で便利だと感じますがいかがでしょう。

これでスケルトン軍団の採用率が減って強化されるとか、イタチごっこにならないと良いですね(^ω^;)

スポンサーリンク