【クラロワ】ゴブ小屋枯渇が”簡単”に勝ててしゅごい

スポンサーリンク

どうも、私です。

皆さんはクラロワの試合、どれくらい連続でプレイできますか?

私はせいぜい2試合が限界で、できれば1試合ごとに休憩とりたいくらい疲れちゃいます。

そこで、今回は大して集中せず”簡単”に勝てるゴブ小屋デッキをご紹介。

このデッキなら私も3試合くらいは連続でイケるかもかも(^ω^)

デッキレシピ

こんな感じで。今確認したところ、グローバルランカーも使っているようです。

安定して削れるディガポイに、今が旬のダクプリ・ゴブ小屋を採用し、ガゴ群れが入っているのがちょっと珍しいですね。

戦い方

従来の枯渇デッキがザップやローリングウッドを枯渇させるのに対し、このデッキが狙うのはファイボポイズンの枯渇。

序盤はゴブ小屋を建てていって、

相手がたまらずポイズンを撃ってきたら、

ディガー + ガゴ群れ行ってらっしゃい!!

相手のデッキや手札回りによっては、普通にこれでタワー落とします。相手からしたらクソゲー。

今回の相手はスケラデッキだったので、アイゴレ + トルネードで防がれました。

更にファルチェもいたのでガゴ群れは絶対に通りません。

そんな時は、

ダークプリンスを盾にしたカウンターや、ディガーでチクチク削りながら、最後はディガー + ポイズンで攻め切りましょう。

ディガー + ガゴ群れが通れば万々歳ですけど、ガゴ群れが封殺される場合でもディガポイとしてしっかり立ち回れるトコロが強いデッキですね。

アイスピはディガーでターゲットを奪う

相手がアイスピを絡めた防衛をしてくる場合、ディガーでターゲットを取ってあげるとぶっ刺さります。

ゴブ小屋に呪文を撃った後なので防衛方法がこういうパターンしか無いことも往々にしてあるし、ホント何も考えず出すだけで良いですね(^ω^)

重量級は呪文を避ける位置にガゴ群れ

ジャイやゴレなどの重量級に対しては、呪文でゴブ小屋ごと処理されない位置にガゴ群れを出しましょう。

相手のポイズンの位置が酷いのはご愛敬。

ジャイPP相手なら呪文がポイズンなので楽ですけど、ベビドラ入りのゴーレムデッキはトルネザップだったりファイボ積んでたりでガゴ群れの延命が難しいので、ポイズン + ガゴ群れのワンパンで後衛処理する感じですかね。

ゴーレムには後からギャングや槍ゴブを当てれば間に合います。

まとめ

ゴブ小屋出して呪文撃たせる→ガゴ群れ絡めて攻撃する→通りそうになければディガポイに移行。

ザックリ説明するとこんな感じのデッキで、ゲームプランがハッキリする分「プレイングでどうにかして不利を覆す」って状況になりにくいので、あまり考えずプレイしても勝てる事が多いんだと思います。

相手が上手いのにコッチが集中してなければ負けるのは当然ですけどね・・・(^ω^)

チャレンジを回したい時とか、大会で連戦したい時なんかに重宝するデッキです。

スポンサーリンク