【クラロワ】エレクトロウィザードチャレンジで12勝できるデッキを考える

スポンサーリンク

もうすぐエレクトロウィザードチャレンジが開幕となりますね。

12勝するとエレクトロウィザードが確実にもらえるという破格の報酬で、全てのカードが使えてレベルも同等になるようなので、参加権(タワーレベル8)さえあれば理論上は誰にでも入手のチャンスがあります。

普通にゴールドやカードの報酬も美味しいですし、今回はエレクトロウィザードチャレンジに向けて12勝できるデッキを考えてみます!

エレクトロウィザードチャレンジの特徴

前提としてエレクトロウィザードチャレンジはエレクトロウィザードをデッキに入れなければならないという制約があります。

個人的にこれは結構微妙だな~と思っていて、エレクトロウィザード召喚しないデッキも多くなるんじゃないでしょうか?

というのもエレクトロウィザードは同コストのファイアボールで倒せますから、相手のデッキにエレクトロウィザード入りが確定しているならファイアボールを採用しない理由がありません。

ファイアボールをタワーごと被弾するとダメージもバカにならないのでアイスウィザードのようにとりあえず自陣深くに置く使い方は難しく、かと言って防衛として使っても他ユニット巻き込んで焼かれる可能性を考えるとリスキーな気がします。

エレクトロウィザードが刺さるスパーキーもわざわざ使ってこないでしょうしね・・・(^ω^;)

その辺を踏まえて、特に生成ダメージが有効そうな時にだけ召喚する使い方を想定してデッキを組んでいきます。

エレクトロウィザードと相性悪そうなカード

エレクトロウィザードと相性の悪そうなカードは出来れば使いたくないところです。

生成ダメージは169でゴブリンが丁度倒されるレベル

つまり、ゴブリンよりHPの低い雑兵は基本的に相性の悪いカードということになります。

ただこれは「エレクトロウィザードで防衛された場合」に限るので、こちらが防衛するにあたってスケルトン軍団などであれば全然選択肢に入ると思いますけどね。

また、同時に2体攻撃できることから2体で1セットのアーチャーやエリートバーバリアンもどうなのかなーと感じます。

特にエリートバーバリアンは0.5秒の気絶で”とてもはやい”移動を止められることを考えると、あまり向いていないのかな、と。

結局完成したデッキは・・・

なんてゴチャゴチャ妄想しながら出来上がったデッキは・・・

コチラ!※ウィザードの位置にエレクトロウィザード入れます

ファイアボールとロケットのダブル呪文がなんとも冗長そうなデッキですね。もちろん試運転はしてません。

いわゆるディガーロケット?ロケットディガー?で、ディガーとたまにプリンセスでチクチク削りながらロケットでフィニッシュかましましょう、というコンセプトになっています。

エレクトロウィザードは完全に防衛役ですね。

このデッキならではのメリットではないですけど、ファイアボールで焼ききれなかったマスケット銃士などにプリンセスでトドメを刺したり、プリンセスで削ったガーゴイルの群れをエレクトロウィザードの生成ダメージで処理するなど、局面に応じた使い方ができるのでプリンセスは結構相性良いかもなーと思いますね。

ちなみにもう1個考えたのがコチラ。

普段セットしてるデッキのマイナーチェンジ版。

普段はインフェルノタワーじゃなくてボムタワーだったりするんですけど、エレクトロウィザードも雑兵に強いのでインフェルノタワーに変更してます。

このデッキが凄いのは使っててあんまりしっくり来ないのに勝てるトコロで、ワケわかんないけどなんだか強いんです。

一見攻め手に欠く気がするけど、気づいたら相手のタワー瀕死なんですよね。

ある意味使うのは怖いんですけど、もしかしたらエレクトロウィザード入れて面白くなるかな、ってことで1試合くらい試してみるかもしれません。

まとめ

私です
色々考えたけどやっぱやってみなきゃ分からないですね。

ぶっちゃけ私、紹介したデッキを使うかすら分かりませんし。

だけど12勝できなくても報酬美味しいですし、できるだけ勝率の高いデッキで挑みたいものです。

勝つことだけを考えた同じデッキばかりと戦うなんてことには・・・流石にならないよね!?

スポンサーリンク