【クラロワ】ポイズン終了のお知らせ

スポンサーリンク

2016年10月20日に実施されるアップデートの予告が来ましたね。

内容は以下の通り。

ひとつずつチェックしてみましょう!

ジャイアント:ヒットポイントを5%下方修正

ジャイアント+ポイズンによる、いわゆる”ジャイポイ”コンボの威力を低減するための修正。

現在ジャイアントLv7のヒットポイントは3,520なので、5%にあたる176がマイナスされ、3,344となる・・・はず。

元々のHPが高いので5%でも結構な減少となり、例えばミニペッカLv7の攻撃力572では6発だったのが5発で落ちるようになります。

壁ユニットとして重要なHPが減少するのは痛いですけど、流行ってるので妥当な修正でしょうか。

ポイズン:移動速度や攻撃速度を低下させない仕様に変更

恐らく今回のアップデートで最も影響が大きいと考えられる変更点。

こちらもジャイアント+ポイズンの威力を低減するための修正となります。

これによりポイズンの効果は10秒間の継続ダメージのみとなり、Lv4で55×10の550ダメージ。

これではマスケット銃士Lv7も倒せません。

どちらかというと攻撃速度低下効果による制圧力の高さがポイズンの強みだったので、一気に凡庸なカードに成り下がった印象を受けますね。

雑兵の処理には有効ですが、同コストで572ダメージのファイアボールLv7と比較しても特別優れているようには感じません。

エリクサーポンプ:コスト・生産量1ずつ増加、稼働時間10秒延長

変更点が多いように見えますが、”稼働時間が10秒延長 = 生産量が1増加する”という関係があるので、実質コストと生産量の増加だけですね。

HPは増加していないので時間経過によるHP減少が緩やかになると考えられ、ダメージによるHP減少がより痛手になるためエリポン側にやや不利な修正と言えます。

また、コスト増加によって、エリポンを置かれた直後に仕掛けるラッシュの有効性が高まったのは戦略性に繋がるのでナイスな修正ですね!

ローリングウッド:転がり速度と距離が増大、ダメージが9%増加

ローリングウッド、今でも十分強いと思うのですが・・・「アリーナにおける立場や役割がまだ確立していない」ことによる修正だそうで、これにはベビードラゴンも涙目。

速度や距離がどこまで増大するのか分かりませんが、多分最前で打てば相手陣地最奥まで届くようになるんでしょうね(^ω^;)

スケルトン部隊:コスト・召喚数低減、スケルトンのレベルが5増加

21体いてもわらわらしすぎて攻撃できないヤツが多かったので16体に低減されるのはあまりマイナスでなく、強化された部分が目立つ修正。

とはいえザップやプリンセスを入れるのが当然の現環境では攻めにも守りにも心許なく、依然として出番は少ないかもしれません。

アイスゴーレム・ゴーレム:死亡時のダメージが飛行ユニットにも入るように変更

どちらのユニットも死亡時ダメージが飛行ユニットに入らなかったんですね・・・。

アイスゴーレムはバグ、ゴーレムは仕様という雰囲気ですが両方変更されるようです。

ゴーレムの死亡時ダメージはガーゴイルを撃破できるので、更に対処の難しいカードになりますね。使用デッキが増えるやもしれません。

まとめ

メインであるジャイアントとポイズンの修正は「ジャイポイを排除するのでなく、あくまで威力を低減するのが目的」だそうですが、私にはポイズンを使う人なんて誰もいなくなるんじゃなかろうかってくらいインパクトのある修正に見えます。

他にはエリポンに注目ですね。

現状、迷ったら入れとけ!みたいなカードになっちゃってるので、どこまでクセが強くなるのか見ものです。

ちなみに私の現デッキで影響を受けそうなのはエリポンだけで、使い勝手が悪くなればいくらでもチェンジできるのでセーフセーフ(^ω^)

スポンサーリンク