【マイクラ】そこにブロックが来たら自動的に押し出す機構

スポンサーリンク

どうも、私です。

今回はいつにも増してタイトルが難解ですね。

「そこにブロックが来たら自動的に押し出す機構」・・・そのまんまですけど、ブロックが置かれたことを検知してそのブロックを押し出すギミックのことです。

コレだけで何かの装置として機能するわけでなく、装置のパーツとして使うギミックとなります。

文字だけで説明するのは限界があるので百聞は一見に如かず、画像付きで解説いってみましょう!

どんな機構か教えんしゃい

軽くギミックの動きを紹介します。

このピストンの正面にブロックを設置すると、

レッドストーンランプがピカッと光り、

スコンと押し出されます。(一瞬の出来事)

どうだ!ショボいだろう!

でもね、意外と便利なんですよ。

回路の説明

こちらの原木自動製造機を参考に(というかほぼ同じ)、レッドストーントーチがブロックを活性化させピストンに信号が伝わり、ピストンに押し出されることで信号が途切れるというシンプルかつGoodな仕組みがこの機構の全て。

はっ、画像内で全て説明してしまった。

単純だけどコレがやりたかった人、いると信じてる!!

何に使えますの

じゃあこの装置が何に使えるかというと、紹介した木材自動製造機に使えるのは当然ですね。

木材を貯め込んでおくマシンになるわけですが、ちょろっと解説してみます。

このようにズラーーーッと並べてレッドストーン回路を設置すると、

ここにブロックが来た場合のみ全ピストンが作動します。

左端に同じ機構を設置し、ブロックをポンポン置いて、

スコンスコン押し出していくと・・・

よっしゃ!全ブロックが一気に押し出され・・・ない!?

何故か向こうの端っこのブロックだけ押し出されてます。

多分一瞬の出来事すぎるのがダメなんだろうと察しリピーターを設置。

よっしゃ!全ピストンが一気に押し出されたで!

これを1段として考えて、

ピストンを4段にして裏面をこんなイカした回路で組み上げると、

ここにブロックが来た場合のみ全4段のピストンが作動するSASUKEも驚きの仕組みが出来上がります。

木材が向こうからやってきて右端まで到達すると(羊毛だけど)、

全てスッコーンと押し出されるという訳です。爽快!

ゴブリン並の脳しか持たない私には他に使えそうな装置がほぼ思い浮かびませんが、「来たブロックを押し出すシンプルな回路があったら良い感じの装置になるんだけどなぁ~」とお悩みの人(いるのか?)、是非いかがでしょう??

まとめ

レッドストーンって難しくしようとすればいくらでも難しくできるけど、それをいかにシンプルにするかが重要であり面白い所ですよね。

そういう意味でとても洗練されているし、別にピストンで押し出すギミックじゃなくても「レッドストーントーチでブロックを活性化させる」部分だけ色々応用できて勉強になります。

こういうのを覚えておくと、他の装置の解説を見ても理解が深まるかな~と思い紹介いたしました!なんなら初心者向け解説シリーズにぶっこみたいくらい!(^ω^)

スポンサーリンク