ベベブー シャンプー(ボディ&ヘアウォッシュ)を成分解析

スポンサーリンク

今回はベベブーのシャンプーを成分解析していきます。

ボディ&ヘアウォッシュという名前で全身使えるタイプですが、とりあえずシャンプーとしてどうなの?という観点から。

ボディ&ヘアウォッシュ

成分解析

まずはラベンダー花水に触れましょう。

抗炎症作用や皮脂分泌の調整を行い、保湿力もあるとされスキンケア商品に用いられることの多い水です。

シャンプーでそれらの作用がどこまで期待できるか未知数なので、ラベンダーの香りを楽しむ程度に捉えておくと良いかと思います。

 

洗浄成分は洗浄力高めのデシルグルコシドとマイルドなコカミドプロピルベタインで、共に刺激が少なくグッドな成分。

何故かかなり後半にココイルメチルタウリンNaが表記されていますが、こちらも低刺激で問題のない洗浄成分です。

 

その他、エキスや保湿成分などが続き、ph調整のクエン酸という具合になっています。

シンプルな構成で、髪を補修したりだとか機能的な部分は弱いですが、パラベンなどの防腐剤が入っていないのが大きな特徴。

まとめ

赤ちゃんに使うことを想定しているので、アレルギー反応する可能性が0ではない防腐剤や香料などを取り除き、敏感肌の人でも使いやすい構成になっていますね。

じゃあ完璧に安全か?というとそうとは言えなくて、例えば最も配合量の多いラベンダー花水のラベンダーに反応してしまう可能性だって考えられます。

ここまでくると「言い出したらキリがない」というレベルで、「使ってみないと分からない」お話でもあります。最終的には使ってみて自身が納得できるかどうかが大事。

価格が少々お高いのがネックですが、赤ちゃん用のシャンプー(ボディソープ)を探していたり、他のシャンプーではどうもかゆみが出てしまうとか、できるだけシャンプーでの刺激は抑えたい、という人にはとても魅力的なシャンプーだと思います。

スポンサーリンク