【クラロワ】12/11バランス調整で枯渇がオワテまうのか・・・?

スポンサーリンク

どうも、私です。

クラロワのアップデートが12月11日に行われますね。

新アリーナやら新宝箱やらはあんまり興味ないので、影響のデカそうなバランス調整をチェックしていきましょう!

バランス調整が入るカード達

ホグライダー

  • 攻撃速度1.5→1.6、初撃が0.1秒遅くなる

ナイト

  • 攻撃速度1.1→1.2

プリンス

  • HP5%増加、攻撃速度1.5→1.4

呪文

  • クラウンタワーへのダメージ5%減少

アイスゴーレム

  • 死亡時の遅延効果が2秒→1秒

スケルトンバレル

  • 死亡時ダメージの追加

巨大スケルトン

  • HP5%増加

盾の戦士

  • ダメージ5%増加、HP5%増加、攻撃速度1.2→1.1

ゴブリン

  • ダメージ6%減少

エリクサーポンプ

  • HP13%減少

公式の情報そのまま書いたら上方修正も下方修正もごっちゃになりましたね・・・。

中でも影響のデカそうなカード

エリクサーポンプ

中でも影響のデカそうなカードは、エリクサーポンプが一番ですかね。

エリクサーポンプの役割は「6コスト支払って8コストのエリクサーを生み出す(フル稼働時)」もので、呪文などでHPを削られなければ2エリクサー分のアドバンテージを得られます。

仮に呪文を撃たれた場合でもファイボ・ポイズン・ライトニングまでならアドバンテージを取れていました。

しかし、今後はファイボやポイズンを撃たれた場合エリクサーを2しか生み出せなくなり、差し引きプラマイ0でいたずらにタワーのHPを削られるだけの存在となってしまったのです。

この状況下でエリクサーポンプを活かすには「相手に呪文を撃たせる」ことに大きな意味を持たせる必要があるので、ゴーレムでワンチャン採用されるかどうかな~程度になるんじゃないでしょうか。

ゴブリン

ゴブリンのダメージ減少はもちろんギャングやバレルにも適用されるので、枯渇デッキに大きな影響を与えそうです。

一見大したことない数字に見える6%ですが、3体1セットのゴブリンにとっては実質18%減少と言え、呪文のタワーダメージ減少も相まってタワーのHPを削り取る枯渇デッキの特徴はちょっと潰されそうですね。

私は枯渇デッキが大嫌いなので、これで消えてくれるととても嬉しいです(^ω^)

呪文

守ってロケット放り込むだけのゴミデッキが跋扈している状況を憂いての調整でしょうか。

5%でどれほどの影響があるのか分かりませんが、そういうデッキが環境からいなくなる威力だと信じたいですね。

まとめ

バランス調整の内容と影響のデカそうなカードをピックアップしてみました。

巷ではホグライダーの下方修正を嘆く声が多い印象ですが、私お得意の天邪鬼が発動して、意外と影響少ないんじゃないかな~なんて思ってます。

初撃0.1秒遅くなってもあんま変わらんような・・・(^ω^;)

トルネードで完封キング起動できるとかだったらエグいですけど。

あと、インパクトは大きくないけど盾の戦士に期待大。

ユニークな性能を持っているし個人的にも好きなユニットなので、採用デッキが増えると良いですね。

それではこの辺で(^ω^)ノ

スポンサーリンク